膀胱炎が改善しない方は
間質性膀胱炎の疑いアリ!?

間質性膀胱炎は「原因不明の膀胱炎」と言われています。日本では医師の間でもまだあまり認知されておらず、治療法が確立されていません。「膀胱炎の治療を受けても改善しない」という方は、細菌性の膀胱炎ではなく、間質性膀胱炎かもしれません。

注目するべき「そばの芽」

そばの芽とは、ソバ種子を発芽させたピンク色の茎が特徴のスプラウト(新芽野菜)です。スプラウトは、種が発芽して大きく生長しようと活性化している段階なので、その栄養分は種子の状態と比べるとぐんとアップします。そのため、スプラウトは天然のサプリメントとして健康的な食事を心がけている方に注目されています。
そばの芽はビタミン類、食物繊維などの他、血管を丈夫にし血液をサラサラにする作用を持つ“ルチン”、様々な病気の原因とされる活性酸素を除去する“ポリフェノール”などの機能性成分を含む健康野菜です。茎のピンク色はポリフェノールの一種“アントシアニン”の色です。

日本間質性膀胱炎研究会でも発表された
「発酵そばの芽」チカラ

そばの新芽を発酵させた「発酵そばの芽」には、アレルギーの改善が期待できるケルセチンという抗酸化物質が含まれています。また、発酵する際に生まれる乳酸菌生産物質には腸内環境を整える力があり、アレルギーの改善に役立つと考えられます。また、発酵そばの芽には高い血流改善作用があります。

発酵そばの芽の特徴

  • 1

    そばの新芽を植物性乳酸菌で発酵させ、カラダに有益な「乳酸菌生産物質」が豊富です。

  • 2

    アレルギーの改善が期待できるケルセチンという抗酸化物質が含まれています。

  • 3

    血管を丈夫にし血液をサラサラにするルチン、ポリフェノールなどの機能性成分が豊富です。

研究データ

泌尿器科の専門医による試験では「発酵そばの芽」を飲んだ間質性膀胱炎の患者さん11人中9人に症状の改善がみられました。

  • 頻尿の程度の改善
  • 尿意切迫感の改善
  • 痛みの軽減

(日本間質性膀胱炎研究会でも発表されました。)